製品アップデート:Advertiser Self Service Platform と Developer Dashboard にサブユーザー機能を新たに導入

広告主やデベロッパーにとって、広告配信・マネタイズチームの拡大に伴い、複数のメンバーがそれぞれ異なる運用責任を負う機会が増え、1つのチームアカウントで運用ニーズを可能な限り効率的に満たすことが困難になっています。

Mintegral, モバイル広告プラットフォーム2022-03-22

広告主やデベロッパーにとって、広告配信・マネタイズチームの拡大に伴い、複数のメンバーがそれぞれ異なる運用責任を負う機会が増え、1つのチームアカウントで運用ニーズを可能な限り効率的に満たすことが困難になっています。そこで問題になるのが、既存のプロセスを最適化し、チームワークをより効率的にするためにはどうすればよいのかということです。

現在のデジタル運用チームにとって、サブユーザー機能はチームワークの効率化を目的とした最も強力なツールの一つになっています。

チームのサブユーザーを作成し、マネジメントすることでタスクの割り当てを明確にし、データの共有やタスクの移動などの問題を解決し、チーム全体として適切なデータ・プライバシー慣行を効果的に確保することができます。

Mintegralは、顧客獲得とマネタイズに関して、広告主や開発者のニーズをパーソナライズすることに常に取り組んできました。そのため、Mintegral Advertiser Self-Service PlatformDeveloper Dashboardでサブユーザ機能を追加しました

管理者アカウントのオーナーは、チームメンバーのために複数のサブユーザーを作成し、サブユーザーごとにユーザーアクセスをカスタマイズできるため、チーム運営が容易になり広告主や開発者の収益向上のための効率化をさらに推し進めることができます。

それでは、Advertiser Self-Service PlatformとDeveloper Dashboardに今回新しく追加されたサブユーザー機能をどのように使えばいいのかをさっそく見てみましょう。

 

Advertiser Self-Service Platform

1)サブユーザーのキャンペーンの可視化(View Campaigns)

この設定により、管理者は特定のサブユーザーに表示するキャンペーンと関連するオファーを選択することができます。

2) サブユーザーによるキャンペーンの追加・編集の許可 (Add & Edit Campaigns)

A.サブユーザーによる新しいキャンペーンやオファーの作成を許可/不許可にできます。

B.管理者が許可したキャンペーンやオファーに対して、サブユーザーは編集または「閲覧のみ (view only)」のアクセスが可能です。

3) サブユーザーに関連するキャンペーンのクレジットの割り当て(Assign Credit)

サブユーザーが見ることができるキャンペーンやオファーの範囲を設定した後、サブユーザーに新しいキャンペーンやオファーの編集や追加を許可した場合、サブユーザーにキャンペーン予算(クレジット)を設定したり上限を設定しないようにすることも可能です。

管理者がサブユーザーに設定したクレジットは、そのサブユーザーに関連するすべてのキャンペーンおよびオファーの上限額となります。サブユーザーのキャンペーンが最大消費額に達すると、そのサブユーザーに関連するすべての実行中のキャンペーンとオファーが停止されます。そのサブユーザーのクレジットを増やせば、停止しているすべてのキャンペーンとオファーを再開することができます。

 

Advertiser Self-Service Platformのサブユーザー権限ページ

>>> 詳しい設定方法はこちら

 

Developer Dashboard

Developer Dashboardから、管理者アカウントは複数のサブユーザーを作成し、以下の権限を設定することができます。

1)財務情報の編集 (Finance: View/Edit)

A.「編集(Edit)」に設定すると、サブユーザーは「Qualification and Payment Info資格・支払情報)」ページから支払情報を編集することができます

B.「表示(View)」に設定すると、サブユーザーは「Qualification and Payment Info資格と支払い情報)」ページからの情報のみ閲覧することができます。

2)新しいアプリの追加と編集 (Add & Edit Apps)

A.「許可(Permitted)」に設定すると、サブユーザーは新しいアプリを追加し、管理者アカウントで許可されたアプリ構成、広告プレースメント、オファーを編集することができます。

B.「許可しない(Not Permitted)」に設定すると、サブユーザーはアプリの追加や編集ができなくなり、管理者アカウントによって許可されたアプリ構成、広告プレースメント、オファーを閲覧することだけが可能になります。

3)アプリの閲覧許可 (View all applications / View specified applications)

A.「すべてのアプリケーションを表示する(View all applications)」に設定すると、サブユーザはすべてのアプリケーションの設定とデータを見ることができます。

B.「特定のアプリケーションを表示する(View specified applications)」に設定した場合、サブユーザーは管理者アカウントで許可されたアプリケーションの設定とデータのみを表示することができます。

 

Developer Dashboardのサブユーザー権限画面

mintegral sub function

>>>> 詳しい設定方法はこちら

より詳しい情報については、Mintegralのアカウントマネージャにお問い合わせいただくか、こちらのヘルプページまでご連絡ください。

Share
By clicking “Accept”, you agree us to use Cookies to optimize the information presented to you, and analyze the traffic of our website. If you want to opt out of our cookies, please read our Cookies Policy for your guidance.