AppChat | カジュアルゲームのユーザー獲得の秘訣とは?Cybergateへのインタビュー!

今回は10年ほどカジュアルゲーム経験があり、カジュアルゲームを中心として作り続けるCybergate Technology Limitedにインタビューをしました。

Wendy Xue, Marketing specialist2021-07-30

10 年間ほどカジュアルゲームを作り出し、女性向け系タイトルとドット絵系タイトルを中心として、人気を誇るゲーム開発·運営企業「Cybergate」。

今回は Cybergate にインタビューし、カジュアルゲームについてのユーザー獲得、マネタイズを向上させると今後市場のトレンドからお話しを伺います。

 

お名前:下山 恵

■会社名:Cybergate Technology Limited

■役職名:日本マーケティング担当

■スピーカー紹介
UIデザイン/システム開発PMを経て、スマホアプリ黎明期からゲーム開発に広く携わる。現在は香港に拠点を置くCybergateにて、日本を中心としたアジアのマーケティング全般を統括する。世界10ヵ国以上でランキング1位を獲得した『100 Toilets』や、『ハコハコ!商店街』などカジュアルゲームをグローバルに展開する。

 

 

開発者とゲーム開発について

 

Q: この度はインタビューの機会を頂きましてありがとうございます。それでは、まず Cybergate の歴史、会社設立のストーリー、そして近年の大きな業績について、簡単にお聞かせください!

A:Cybergate は香港の会社で、グローバル向けにカジュアルゲームを提供しています。主要アプリの対応言語は中国語(簡体字、繁体字)日本語、英語に対応しています。10 年ほど前からカジュアルゲームを作り続けており、5年ほど前からは中国大陸市場に積極的に進出しています。 アプリの内容としてはドット絵を中心とした放置系ゲームや女性向けパズルゲームなど、いわゆるカジュアルゲームと呼ばれるものを提供しています。マネタイズ方法は広告と IAP、売り上げ比率は月によってブレますが、およそ広告収益は7割、IAP の収益は3割。

 

 

Q: Cybergate はカジュアルゲームを中心に、ストーリーラインの RPG が多く、ジャンルはシミュレーションゲーム、乙女​ゲーム、アクションゲーム、パズルゲームなどがありますが、カジュアルゲームに取り組んでいる理由は何でしょう?ゲームをリリースする前にゲーム市場の潜在力を判断するためのデータ指標や基準はあるのでしょうか?

A:私たちが参入した 10 年程前はちょうどカジュアルゲームが大ブームでした。カジュアルゲームは小さなチームでも作成出来ますし、当時は運用コストもほとんどかかりませんでした。リスクを抑えてはじめることが出来たというのが一番の理由になります。PDCA をまわしやすく、トレンドにもついていきやすいので結果としてカジュアルゲームを選択して良かったと思っています。リリース前にはもちろんトレンドのチェックや競合リサーチなど行います。しかし、ほとんどの場合役にたちません。これはダメだと思ったものがヒットしたり絶対いけると思ったものがダメだったりリリースしてみないと分からないことが多いです。その為いかに改善に繋げられるかが重要です。

 

Q:前回のインタービューの中で、Cybergate は「ユーザーの暇を潰すことがカジュアルゲームのポイントで、主にゲーム全体のクオリティを向上させることで実現しているとおっしゃっていました。ゲームのクオリティを最適化する際に、ゲームのどの要素(ゲームプレイ、デザイン、ストーリーラインなど)を重視していますか?また、これらの調整がプレイヤーに受け入れられるどうかを測る方法などはありますか?

A:一番重要視しているのはレベルデザインですが、単純に難易度を調整すれば良いというものでもありません。ステージのクリア率が低い場合、開発者側で意図した操作が行われていない、伝わっていないなど UX 全般を見直します。結果に繋がっているか否かははリテンション率やアプリ内のアクション回数などを見て判断しています。

 

ユーザー獲得について

 

Q: ユーザー獲得についてお話を伺いたいと思います。現在、Cybergate は『商人サーガ 「魔王城でお店開けって言われた」』などのようなカジュアルゲームがありますが、その中でユーザーを獲得するために、どんな手法を使っていますか?また、一番効果的な手法は何でしょうか?

A:一番効果的な手法は動画リワード広告です。動画を視聴しゲーム性を理解して入ってきてくれるので獲得後の動きも非常に良いです。また動画リワード経由のユーザーは弊社アプリ内でも動画リワードの視聴回数が多いです。動画に対して抵抗の無いユーザーである可能性が高いので当然といえば当然ですね。弊社のメインのマネタイズ手法が動画リワードなので、非常に相性が良いです。直近では CPE 系の広告もかなり良いパフォーマンスを出しています。

 

Q: ユーザー獲得に関して、最近の市場動向で何かお気づきの点はありますか?また、Mintegral と提携した結果はいかがでしたでしょうか?

A:以前と比べクリエイティブの鮮度がより求められてきているなと感じます。インハウスだけではクリエイティブをまわしていくのは限界があるので、 Mintegral 社にクリエイティブを作成してもらえるのは非常に助かっています。また iOS14.5 が始まり、ターゲティングが難しくなってきています。まだまだこれから変わってくる部分ではありますが、現状で感じるのは獲得数や CPI のぶれが少し大きくなりました。この辺りは今後も注視して見ていきたいと思っています。そんな中で Mintegral での獲得は大きく減少することも無く、以前と変わらないパフォーマンスを維持しています。

 

Q: 私たちは、Cybergate がプレイアブル広告でユーザーを獲得することに気づき、私たちのクリエイティブスタジオである Mindworks を通じて Cybergate にプレイアブルの素材をカスタマイズしたことがありますが、パーフォマンスはいかがだったでしょうか?そこで得られた結果に対して満足していますか?また、この先も使い続けたいお考えはありますでしょうか?

A:Mindworks に作成してもらったプレイアブルは非常に効果が良かったです。プレイアブル以外の動画に関しても短い期間で何パターンも提案をもらえました。動画は最初の3秒をいかに見てもらえるかが大切です。この辺りが非常にうまいなと感じました。今まで発想に無かったクリエイティブが生まれたり、圧倒的にクリエイティブの回転スピードが速かったです。得た知見は社内にも活かしたいと思っています。特に、プレイアブル広告での獲得が好調です。代理店さんと共有して、ターゲット CPI やオーディエンスを調整しています。現在は中国に限らず、グローバルのクリエイティブを制作してもらうということも増えてきました。

 

 

マネタイズ

 

Q: Cybergate の効果的なマネタイズの戦略は何でしょうか?どのような広告のタイプがマネタイズにとって最も効果的ですか?Cybergate はどのようにしてユーザー体験とマネタイズを両立させているのでしょうか?

A:私たちのカジュアルゲームは動画リワードを軸に設計されています。動画インターステシャルはあまり使われていません。大きな違いはユーザーが能動的に動画を見るという選択をするか否かです。どうしても急に動画が挟まるというのは UX を阻害してしまいます。広告だけれども動画を見て報酬を得たい、そう思ってもらえるようにリワードや導線を工夫しています。実際にユーザーからは動画をもっと増やしてほしいなどポジティブな意見を頂くことが多いです。

 

Q: Mintegral によってもたらされたマネタイズの結果をどのようにお考えでしょうか。また、Mintegral が特に役に立つ分野などはありますか。

A:結果的には Mintegral に依頼してよかったと思っております。データを共有することでこまめにチューニングしてもらえています。突出して高 CPM が出るという訳では無いですが、安定した収益に繋がっています。

 

Q:マネタイズを向上させたいと思っている開発者に何かご提案やシェアなどできるご経験などはありますか?

A:細かなテクニックは色々とあるのでしょうが、一番大事なのはアドネットワークなど専門で広告を見ている方とコミュニケーションをとっていくことだと思います。細かな調整を行ってくれたり、新たな提案をもらえたりとコミュニケーションはとっておいて損は無いです。もちろん私たちにご連絡頂ければわかる範囲のことは共有させて頂きます。

 

今後の市場について

 

Q:日本のカジュアルゲームの市場は将来どのように変化するとお考えでしょうか?2021 年の後半では、Cybergate はどのようなプロジェクトに取り組んでおられますでしょうか?

A:カジュアルゲームの需要が無くなるということは、まずありえないと思っています。コロナウイルスの影響もあり市場としてはどちらかというと上昇傾向にあります。ただし日本市場だけで見た時にはここから大きく裾野が広がっていくことは無いでしょう、その為グローバル展開を前提として新規プロジェクトを進めています。トレンドの予測は難しいですが、今までもそうしてきたように日々公開されていくアプリを見ながら柔軟に対応していきたいと思っています。

最後にカジュアルゲームを一緒に作っていきたい方を職種を問わず募集しています。Webサイトよりお問い合わせください!Cybergate Web: https://cybergate-tech.com/ja/

 

今回インタビューにお応えいただいた「Cybergate」のように、 Mintegral を導入しました! さらに詳しい情報やご質問がありましたら、どうぞこちらへお気軽にお問い合わせください

Avatar
日本に向けて Mintegral とそのサブブランドのコミュニケーションとマーケティングを担当し、ブランド力とビジネスの認知度を向上させます
Share
By clicking “Accept”, you agree us to use Cookies to optimize the information presented to you, and analyze the traffic of our website. If you want to opt out of our cookies, please read our Cookies Policy for your guidance.