tenjin, Hyper-casual Benchmark Report, Mintegral

Tenjinの2021年ハイパーカジュアルベンチマークレポートでMintegralのランキングが上昇

世界有数のモバイルアトリビューションプラットフォームであるTenjinは、このほど2021年ハイパーカジュアルベンチマークレポートをリリースしました。レポートには、2020年のハイパーカジュアルゲームの国別およびアドネットワーク別のCPIの中央値だけでなく、広告費別および広告収入別に上位10社のアドネットワークが掲載されています。レポートによると、MintegralはiOSのCPIの中央値が最も低く(0.15ドル)、AndroidのCPIの中央値が2番目に低い(0.09ドル)アドネットワークとして表彰されました。さらに、Mintegralは2019年と比較すると複数のランキングで大幅に上昇しました。 2020年、世界のモバイルゲーム市場は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で大きく拡大しました。特にハイパーカジュアルゲームのダウンロード数は78億から118億に増加し、2019年と比べると52%増となりました。この巨大な市場は、チャンスと競争の両方に満ちています。国別のCPIの中央値およびアドネットワークなどのデータは、2021年のハイパーカジュアルゲームのパブリッシャーおよびマーケターにとって重要な参考情報となっています。 2021年のハイパーカジュアルベンチマークレポートには、2020年のハイパーカジュアルゲームについてTenjinが収集した匿名データが含まれています。広告費別にトップ10のアドネットワークに従って集計されており、広告費が100万ドルの閾値を超える国のみが国別レポートに含まれています。 Androidの広告費が増加、iOSは広告主に好まれる レポートによると、2020年上半期の広告主のAndroidへの広告費は1%増加しました。AppleがIDFA(広告の識別子)を変更すると発表したことが、広告主のiOSへの広告費に影響を与えただけでなく、間接的にAndroidへの広告費が3%増加した要因にもなっています。 それでも、ほとんどの広告主はiOSを好んでおり、iOSの広告費は59.7%で、Androidの広告費よりも19.4%高い水準となっています。 Mintegral、iOSで最も低いCPIの中央値を達成 両プラットフォームでトップ10入りしているアドネットワークの顔ぶれは2019年と変化はありませんでしたが、そのなかでのランキングは大きく変化しました。目立ったのはMintegralで、iOSとAndroidの両方でランキングが最も上昇したアドネットワークでした。Androidでは、2019年の10位から2020年には6位へと大幅に上昇しました。さらにiOSでは、2019年の7位から2020年には2位へとジャンプアップし、多くの定評のあるプレイヤーを上回りました。 2020年にはTikTokが急上昇し、その結果、CPIの中央値がFacebookよりも低く、初めてAndroidのトップ10に含まれました。上位10位のアドネットワークのなかでは、AndroidのCPIの中央値の差は比較的小さいままでした。トップ3を例にとると、Mintegral(#3)のCPIの中央値は0.09ドルでした。 iOSでは、上位10位のアドネットワークのなかでCPIの中央値の差が顕著で、CPIの中央値が0.20ドル未満のアドネットワークは3つしかありません。そのなかで、MintegralはCPIの中央値が最も低く、わずか0.15ドルとなっています。 「これらの結果は、当社のプラットフォームの基礎となる機能に直接起因しています。Mintegralは常に、正確かつ信頼できる広告を通じて、広告主が安全に収益を最大化し、キャンペーンをグローバルに拡大できるようにサポートすることに全力を尽くしてきました」とMintegralのCEOであるErick Fangは述べています。 Tenjinのハイパーカジュアルベンチマークレポートに掲載されたほか、MintegralはAppsflyerの2019年下半期パフォーマンスインデックスで市場支配力別の世界第6位にもランクインしており、トップ10にランクインした唯一の中国ベースのモバイル広告プラットフォームとなっています。 Post Views: 68

, 2021-03-09

世界有数のモバイルアトリビューションプラットフォームであるTenjinは、このほど2021年ハイパーカジュアルベンチマークレポートをリリースしました。レポートには、2020年のハイパーカジュアルゲームの国別およびアドネットワーク別のCPIの中央値だけでなく、広告費別および広告収入別に上位10社のアドネットワークが掲載されています。レポートによると、MintegralはiOSのCPIの中央値が最も低く(0.15ドル)、AndroidのCPIの中央値が2番目に低い(0.09ドル)アドネットワークとして表彰されました。さらに、Mintegralは2019年と比較すると複数のランキングで大幅に上昇しました。

2020年、世界のモバイルゲーム市場は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で大きく拡大しました。特にハイパーカジュアルゲームのダウンロード数は78億から118億に増加し、2019年と比べると52%増となりました。この巨大な市場は、チャンスと競争の両方に満ちています。国別のCPIの中央値およびアドネットワークなどのデータは、2021年のハイパーカジュアルゲームのパブリッシャーおよびマーケターにとって重要な参考情報となっています。

2021年のハイパーカジュアルベンチマークレポートには、2020年のハイパーカジュアルゲームについてTenjinが収集した匿名データが含まれています。広告費別にトップ10のアドネットワークに従って集計されており、広告費が100万ドルの閾値を超える国のみが国別レポートに含まれています。

Androidの広告費が増加、iOSは広告主に好まれる

レポートによると、2020年上半期の広告主のAndroidへの広告費は1%増加しました。AppleがIDFA(広告の識別子)を変更すると発表したことが、広告主のiOSへの広告費に影響を与えただけでなく、間接的にAndroidへの広告費が3%増加した要因にもなっています。

それでも、ほとんどの広告主はiOSを好んでおり、iOSの広告費は59.7%で、Androidの広告費よりも19.4%高い水準となっています。

Mintegral、iOSで最も低いCPIの中央値を達成

両プラットフォームでトップ10入りしているアドネットワークの顔ぶれは2019年と変化はありませんでしたが、そのなかでのランキングは大きく変化しました。目立ったのはMintegralで、iOSとAndroidの両方でランキングが最も上昇したアドネットワークでした。Androidでは、2019年の10位から2020年には6位へと大幅に上昇しました。さらにiOSでは、2019年の7位から2020年には2位へとジャンプアップし、多くの定評のあるプレイヤーを上回りました。

2020年にはTikTokが急上昇し、その結果、CPIの中央値がFacebookよりも低く、初めてAndroidのトップ10に含まれました。上位10位のアドネットワークのなかでは、AndroidのCPIの中央値の差は比較的小さいままでした。トップ3を例にとると、Mintegral(#3)のCPIの中央値は0.09ドルでした。

iOSでは、上位10位のアドネットワークのなかでCPIの中央値の差が顕著で、CPIの中央値が0.20ドル未満のアドネットワークは3つしかありません。そのなかで、MintegralはCPIの中央値が最も低く、わずか0.15ドルとなっています。

「これらの結果は、当社のプラットフォームの基礎となる機能に直接起因しています。Mintegralは常に、正確かつ信頼できる広告を通じて、広告主が安全に収益を最大化し、キャンペーンをグローバルに拡大できるようにサポートすることに全力を尽くしてきました」とMintegralのCEOであるErick Fangは述べています。

Tenjinのハイパーカジュアルベンチマークレポートに掲載されたほか、MintegralはAppsflyerの2019年下半期パフォーマンスインデックスで市場支配力別の世界第6位にもランクインしており、トップ10にランクインした唯一の中国ベースのモバイル広告プラットフォームとなっています。

Share
By clicking “Accept”, you agree us to use Cookies to optimize the information presented to you, and analyze the traffic of our website. If you want to opt out of our cookies, please read our Cookies Policy for your guidance.