FMT社が日本のEコマースの売上を伸ばすためにMintegralのハイパーカジュアルゲームを活用

Mintegralは、FMT社のクライアントの製品の特徴を踏まえ、30~50歳の女性をターゲット層とし、パズル、ソリティア、3マッチゲームといった品の高いハイパーカジュアルゲーム・チャンネルを活用することにしました。

jiji.com2021-03-22

一般的に日本市場におけるEコマース・プラットフォームは、広告代理店を通じて、商品をプロモーションし、顧客を獲得しながら、売上を伸ばしています。しかし、日本の従来の広告代理店では、Eコマース商品のプロモーションのために、GoogleやFacebookなどのトップメディア・プラットフォームを利用する傾向があります。これらのトップメディアは常に熾烈な競争にさらされ、高コストが課題となっており、特に中小規模のEコマース・プラットフォームにとっては、これらのメディアを通じて顧客を獲得し、売上を拡大することが難しいのが現状です。

そのような中、日本でのモバイル・ショッピングの急速な発展に伴い、モバイル・オーディエンスのコンバージョンを増やせるようにEコマース顧客を支援しているのが株式会社FMT社です。広告代理業、スマートフォン向けアプリケーション開発、各種Webサービス開発を主なビジネスとしているFMT社は、Eコマース顧客がコストを削減しながら、顧客を獲得し、売上を伸ばせる、GoogleやFacebook以外のチャネルを探していました。そして、さまざまなソリューションを検証した結果、Mintegralのハイパーカジュアルゲームのトラフィックを活用することで、クライアントはランディングページへのトラフィックを増加させ、継続的な最適化によりCPA(アクションあたりのコスト)を最小化し、売上を伸ばせることがわかりました。その結果、2020年7月より、Mintegralとパートナー契約を結びEコマース商品のプロモーションを開始しました。以下は、FMT社が採用した解決策と、その結果としての現在の状況です。

解決策

1. Mintegralのハイパーカジュアル広告の活用

簡単に楽しく遊べて、中断もしやすいモバイル・ハイパーカジュアルゲームは、近年、世界中でゲームランキングの上位を占め、幅広い層を魅了しています。多くの人がゲームをするきっかけとなるハイパーカジュアルゲームは、特に女性オーディエンスを魅了しており、特定の広告主に最適なソリューションとなっています。ハイパーカジュアルゲームは、最も急成長しているメディアの1つであるだけでなく、質の高いオーディエンス層を有していることから、あらゆる種類の広告主にとって重要なトラフィック・ソースの1つになってきています。

Mintegralは、FMT社と対話を重ね、まずEコマース製品のプロモーションに関してFMT社が強化すべき点を特定しました。そして、さまざまな分析を通じて、ハイパーカジュアルゲームのトラフィック活用は、FMT社のEコマース・クライアントに完全にマッチしており、大きなビジネス機会を得られるという結論に達しました。その後、FMT社は、MintegralがVoodoo、Crazy Labsなど、世界中の何千ものパブリッシャーと直接提携しており、大量の高品質なゲーム内トラフィックを提供していることを評価し、Mintegralの提案を受け入れることにしました。Mintegralは、FMT社のクライアントの製品の特徴を踏まえ、30~50歳の女性をターゲット層とし、パズル、ソリティア、3マッチゲームといった品の高いハイパーカジュアルゲーム・チャンネルを活用することにしました。

2. 報酬付きビデオ広告の活用

報酬付きビデオ広告は、オーディエンスに広告コンテンツにインタラクトするように促し、結果としてCTR(クリック率)と視聴率の両方を高めることができます。また、報酬を得るには、ビデオをすべて見る必要があるため、広告主の製品情報の露出を増やすことができます。

3. サブチャンネル入札最適化戦略によるCPAの削減

入札およびターゲティング・オプションの最適化は、キャンペーンのステージや、チャネル、クリエイティブ・パフォーマンスに基づいて行われ、ユーザーの興味やニーズの変化を継続的に分析することで、可能な限り多くの機会を捉えることができます。

MintegralはCPAを削減するために、「サブチャンネルにおける品質最適化およびティア別入札」という戦略を採用しています。この戦略では、次の3点を重視しています。1)露出やトラフィックを増やすために、質の高いユーザーを有するサブチャンネルでは高く入札する。2)平均的なユーザーを有するサブチャンネルでは戦略的に入札して順位を維持し、そのカテゴリからできるだけ多くの課金ユーザーを獲得する。3)予算の無駄遣いを避けるために、質の低いユーザーを有するサブチャンネルを除外する。この戦略により、かなりの数の顧客を獲得できるだけでなく、キャンペーンを予算内に収めながら、質の高いユーザーの獲得レベルを維持し、最適なROI(費用対効果)を達成することができます。

結果

1. より多くの製品でMintegralを活用

FMT社は、検証した結果、Mintegralの活用がコンバージョンの増加につながることがわかり、最終的に、予算を追加して、より多くの商品で、Mintegralを活用したプロモーションを実施することにしました。今では、スキンケア、健康、日用品を含む20以上の商品のプロモーションにMintegralを活用しています。

2. 日々の予算の増加

1日の平均予算を10万から30万円程度とし、ときには100万円近くに増やすこともあります。

3. CPAの減少

Mintegralを活用する以前に比べてCPAを20%減少させることに成功しました。

Link: https://www.jiji.com/jc/article?k=000000006.000056275&g=prt

By clicking “Accept”, you agree us to use Cookies to optimize the information presented to you, and analyze the traffic of our website. If you want to opt out of our cookies, please read our Cookies Policy for your guidance.